iライン 黒ずみ グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸ジカリウムのiラインの黒ずみへの効果

iラインの美白クリームを探していると必ず入っても良いほど現在の中に入っているのがグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムとはなのでしょうか。なぜ美白成分に多く含まれているのでしょうか。
このページではグリチルリチン酸ジカリウムの黒ずみへの効果とデメリットなど紹介したいと思います。

 

グリチルリチン酸ジカリウムとは

 

グリチルリチン酸2Kとは?そのiラインの黒ずみ美白効果と副作用!

 

この成分は美白クリームよく含まれている成分ですが、まだ聞いたことがないという方もいるかもしれないので概要を説明したいと思います。

 

グリチルリチン酸ジカリウムには肌の炎症を和らげてくれる作用があります。
それでもともとは喉の炎症やアレルギーを抑える医薬品として使われていました。

 

漢方で甘草の根に含まれている成分です。

 

グリチルリチン酸ジカリウムというのは名前の通り、甘草の根から取られたエキスにカリウムを化合し化粧品などに添加しやすくしたものです。

 

美白だけでなく炎症を抑える成分として医療現場でも活躍しています。

 

 

黒ずみ解消効果があるって本当なの?

グリチルリチン酸ジカリウムは美白成分ではありません。
ですので塗ったら肌が白くなるという効果があるものではないのです。

 

しかし黒ずみが進行するメカニズムを考えたらとても重要な成分
どんな意味なのか下記で解説します。

 

黒ずみができる仕組み
黒ずみができる仕組みは肌に刺激が加わって炎症を起こし、
それから身を守るためにメラニンが出る、
この時にメラニンが沈着することで黒ずみが起こります。

 

ですので刺激を抑えてあげればメラニンは過剰に放出されないはず、
そんな考えのもとで美白クリームにこの成分が含まれているのです。

 

デメリットや副作用は

美白に間接的に効果を表してくれるこの成分ですが、デメリットなどはないのでしょうか。
実は多少のデメリットはあります。それはこの成分がステロイドと似た仕組みを持つ点

 

グリチルリチン酸ジカリウムには偽アルドステロン症という副作用があります。
アルドステロンは副腎から出るホルモンで昇圧作用や保水作用があります。

 

このホルモンが病気で沢山出てしまうことがアルドステロン症
薬などの副作用で起こるのが偽アルドステロン症です。
グリチルリチン酸ジカリウムを使うとこの偽アルドステロン症になるリスクがゼロではありません。

 

実際には副作用の心配はない

ただしこの副作用が出るのは病気などで甘草成分を大量に摂取した場合、

 

日本で市販されているiラインの黒ずみクリームは国が指定する量を守って配合されているものですので、用法・用量を守っておけば副作用が出る心配はありません。
つまりiラインに使う上では副作用は0と考えてよいのです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されている化粧品

この成分が配合されている化粧品や美白ケア商品は多岐にわたります。
商品名で取り上げるするには載せきれないほどたくさんあります。

 

ニキビケアをする商品や敏感肌の方が使うように作っている化粧品には必ず含まれています。
それ以外にも美容液やシャンプー石鹸や化粧水美容液など非常に広い分野で活用されています。

 

 

iライン美白クリームでで配合されているのは

この成分が配合されているはiラインの黒ずみ改善クリーム
ここでは一部を紹介します。

 

まず黒ずみの解消に最も有名なイビサクリーム
そして化粧品であるヴィエルホワイト、バストトップやiラインに使われるピューレパール
これらのケア商品には美白を助ける成分としてグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

 

 

黒ずみ落としには配合されているものを・・・
iラインの黒ずみを落とすクリームを買う時はできればこの成分が入っているものを選んだ方が良いでしょう。
炎症を抑える効果があり美白成分だけが入っているケア商品より効果が見込めるからです。