ハイドロキノン iライン 効果

ハイドロキノンとはどんな成分なのか

 

美白といえばハイドロキノン、ハイドロキノンといえば漂白剤といわれるくらい強い美白効果があるハイドロキノン。
iラインに使うのに適しているのか危険はないのかハイドロキノンに徹底解説します。

 

 

ハイドロキノンとは
ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれるほど強力な成分です。
アメリカでは色々な用途に認可されていて手軽に買うことができます。

 

 

しかし日本では濃度規制がかかっており、効果の強い濃度の高い成分は皮膚科や美容外科の医師による処方が必要になっています。

 

 

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンはメラニンの合成酵素となるチロシナーゼの阻害剤です。
これを阻害することでメラニンが作られなくなります。

 

ハイドロキノンは実は天然成分由来でコーヒーなどにも含まれている成分で、
化学的なものではなく日本でも2%までの濃度であれば市販の化粧品に添加することができます。

 

しかしそれ以上の成分は皮膚科医の処方がないと使えず皮膚科では、
通常4パーセントから5パーセントのハイドロキノンを使います。
またハイドロキノンには発がん性ながも指摘されており使われてない国も多いです。

 

ハイドロキノンは黒ずみに効果がある?

 

ハイドロキノンはiラインの黒ずみに適す?その効果と裏事情

 

ハイドロキノンはiラインの黒ずみに効果があります。
顔の黒ずみも肘の黒ずみもiラインの黒ずみもメラニンの原因で起こります。
ですのでメラニンを還元しメラニンを出していくハイドロキノンは効果的です。

 

ハイドロキノン美白の仕組み

ハイドロキノンは今ある黒ずみを排出しながら、黒ずみができにくくするという予防の効果もあります。

 

ハイドロキノンにはメラニンの生成を抑える作用と、メラニンの量を減らすという作用があります。
メラニンを還元する作用があることから今あるメラニンを消せるというという点が注目されています。

 

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンの使い方はまずiラインを清潔にします。
清潔にしたところ軽く乾燥させてお風呂上りだいれば20分で優しく塗るようにします。

 

ハイドロキノンのiラインへの強い副作用

ハイドロキノンが非常に効果がある言葉わかりいただけたと思います。
しかしハイドロキノンはほとんどの化粧品に配合されていません。
それはなぜなのでしょうか。
それは強い副作用にあります。

 

刺激が強い

ハイドロキノンの効果の高い分刺激が非常に強いです。
肌が弱い人ではすぐにかぶれてしまいます。
ですので角質が薄いiラインに使うにはとりわけ慎重にならなければなりません。

 

白いまだらになることも

ハイドロキノンの効果は劇的で黒ずみを激減させることができます。
そうすると塗った部位だけ白くなる白斑ができるという副作用が出ることがあります。

 

最悪の場合はケロイド状になる

ハイドロキノンで起きる副作用は多々ありますが、痛みや痒みに始まり乾燥赤みただれ、そして最悪の場合はケロイド状態になってしまうこともあります。
こうするともう治すことは困難メラニン逆に大量放出され黒ずみが悪化することもあります。

 

 

ハイドロキノンを使うくらいなら・・

ハイドロキノンiライン
iライン以外の部分ならまだしもiラインにハイドロキノンを使うのは得策とはいえないかもしれません。
副作用がのリスクが少し大きいといえます。

 

iラインの黒ずみを解消するには、効果が多少落ちてしまいますが、副作用の可能性が低いビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの他の美白成分を使った方が安全です。

 

ハイドロキノンの輸入などを考えている方は、その前にまず副作用の心配のない美白成分を検討する方がいいのではないでしょうか。

 

参考記事:ビタミンC誘導体の効果と副作用
参考記事:トラネキサム酸の効果と副作用