iライン 黒ずみ トラネキサム酸

トラネキサム酸の色素沈着への効果

iラインの黒ずみを解消する製品に入っているのが、トラネキサム酸という成分でよく見かける成分ですよね。
このページではトラネキサム酸が本当に黒ずみに効果があるのか、使った方が良いのか検討してみたいと思います。

 

トラネキサム酸とは

 

トラネキサム酸の黒ずみ効果!iラインの色素沈着に使える?

 

トラネキサム酸は、抗アレルギー作用、抗炎症作用、止血作用などがある医薬品にも使われている成分でアミノ酸の一種です。

 

このもともと薬として使われているトラネキサム酸に肌を白くする効果が見つかったのが今から30年ほど前

 

資生堂が美白成分として特許を取っており、最近特許が切れたことにより、様々な他の黒ずみケア商品に配合できるようになりました。

 

トラネキサム酸が黒ずみに効く仕組み

トラネキサム酸が黒ずみに効果があるのは、タンパク分解酵素プラスミンとの関係です。

 

黒ずみやシミはメラノサイトが活発に活動しメラニンが大量に発生するために起こりますが、その引き金となるプラスミン酵素の働きを抑えてくれるので黒ずみに効果があるというわけです。

 

そしてもちろんメラニンの生成を促す信号をブロックする作用もあります。
のでダブルの効果があるというわけです。

 

トラネキサム酸はiラインの色素沈着に効果あるか

iライン黒ずみもメラニンの沈着で起こります。

 

トラネキサム酸はメラニンの生成をブロックするほかメラニンを生み出すメラノサイトの活性化を止めてくれるのでiラインの黒ずみに効果的です。

 

その効果は残念ながら肌の漂白剤と言われているハイドロキノンには劣るのですが、
副作用が少ないという非常に良い点があり、
刺激に弱いiラインの美白商品には多くの場合このトラネキサム酸が配合されています。

 

トラネキサム酸副作用はあるか

トラネキサム酸にも副作用はあり0ではありません。
例えば発疹や嘔吐、胸焼けなどの副作用が報告されています。

 

ただし副作用が出るのはシミや肝斑などで内服した場合です。
iラインに使う時にクリームとしてどの程度では全く副作用の心配はないと言ってもいいでしょう。

 

トラネキサム酸が配合されている商品

ここからはトラネキサム酸が入っているiラインの黒ずみ対策商品を紹介します。
正しい選び方に注意点があります。
トラネキサム酸が入ってる製品ならそれでもいいというわけではありません。
というのはiラインは刺激を受けやすい所だからトラネキサム酸がマイルドであっても他に刺激的な成分が入っているとiラインに使うことができません。
ですのでiラインに対応した商品を使うようにしましょう。

 

トラネキサム酸が配合されているiライン商品

 

イビサクリーム

イビサクリームにはトラネキサム酸とグリチルリチン酸にカリウムは入っています。
iラインの黒ずみケアとしては一番人気で有名な商品ですね。

 

ヴィエルホワイト

ヴェルホワイトにもトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムが入っています。
これはクリームではなく化粧水であるという点が他のケア商品と異なる点です。

 

ホスピピュア

ホスピピュアはトラネキサム酸が配合されている製品です。
湘南美容外科が開発しています。
トラネキサム酸が配合されていてiラインに使える主な商品紹介しました。
詳しいことを知りたい方はトップページを見てくださいね。